ブログ休むのあんまり意味ない

湯舟です。

 

ブログお休み宣言しました。

それは自分がブログ更新しないようにするためです。

 

何故ブログ更新しないぞと思ったかというと

ブログの文章を書く時間を勉強にあてたかったからです。

 

一か月経ってないですけど

とりあえず勉強が一段落しましたので

ブログ再開します。

 

 

お休みした結果、

勉強に集中できたのかというと

まったく、そんなことなかったです。

 

もう更新したいときはすればいいんじゃなかろうかと

そんな気がしています。

 

 

耐え難い現実があるとき

頑張らなければいけないときこそ

遊びたくなります。

あるいはアルコールを摂取したくなります。

ビール、チューハイ、ハイボール。。。

 

現実逃避は楽しいです。

 

 

マシュマロ実験ってあるじゃないですか。

子供に一つマシュマロをあげて、

15分我慢したらもう一つあげるよと言って

部屋を去る。

 

我慢できた子とできない子では

前者のほうが自制心が強く

周囲から優秀と評価されるようになる。

 

 

私はそう、自制心がないんですね・・・。

目的を達成したなら、あれもこれもできるようになるのに

目的を達成するためのちょっとした我慢ができない。

 

別に優秀になりたいわけではないのですが

もう少し自制心が育てばなと思ってます。

 

 

まぁ逆に自制心がないと自覚があるのなら

対策ができるかもしれませんね。

 

 小さなことから少しずつ。

 

明日朝早いから、

寝たくなくても寝るとかね。

 

 

はい、寝ます。

おやすみなさい。

1ヶ月ほどブログお休みします。

おはようございます。

今リアルで頑張り時で

勉強しなければならないので

お休みします。

 

宣言しないと

ブログ更新してしまうので。

 

毎日アクセスが0ではありません。

このようなブログを読んでくださってる皆さんに感謝しています。

 

それでは。

クズの本懐

クズの本懐見てます。

 

一回だらっと見ただけなので

うろ覚えですが感想を書いていきます。

 

恋愛経験ある人とない人で

見方変わってきそう。

私は後者です。

 

花火ちゃんのにっくき敵、

名前忘れた女の先生。

この人、若いうちはいいけど

年とったら何にも残らないよね。

 

私は27年間人を本気で好きになったことがないんです。

なので人を本気で好きになったことがある人を

心底羨ましいと思っています。

 

先生あなた若いうちは男どもを手玉にとって

自分に向けられる好意が楽しいとか

余裕でいられるけど

人を好きになれないのは

寂しいし何も残らないよ。

 

(最初からないなら耐えられるかもだけど。

こういう考えだから経験なしなのかな…)

 

アニメでもちらっと花火ちゃんが

「寂しいのか。あいつでさえも」

的なことを考えていましたね。

 

まぁ私は先生のキャラ結構好きだけど。

 

 

あと印象に残ったのは

花火ちゃんが女の子に恋愛相談される話。

二人好きな男がいてどっちを選べばいいと思うかという内容。

あなたはどっちが好きなのと聞くと

スペックが将来性が、と、そういう話ばかりして

花火ちゃんは唖然とするんですね。

 

好きになるってそういうんじゃないじゃん。

どっちかを選ばなきゃ最終的に何も残らないじゃん!

って怒るんですけど、後々自分を棚上げして

怒っていたと気づくんですね。

 

恋愛経験はないけど

自分を棚上げして怒ることあるなって

よくわからないところで共感してしまいました。

自己嫌悪に陥りますよね。

 

まぁ有吉弘行

毒を吐くときは自分を棚上げするとか

言ってた気がするし。

一体何の話だろう。

 

あとオープニングとエンディングがいいですよね。

オープニングが96猫さんで

エンディングがさユりさん。

どっちも好きって結構めずらしい。

アニソンって歌詞がアニメの内容にそってるから

気分が盛り上がりますよね。

 

とあまりまとまりなくだらだら

書いてしまいましたが、

個人的な好みでいうともっと殺伐としてたら

面白いかなーと思います。

男キャラが大人しいのも残念ですかね。

論理的な文章を書くのが苦手

こんばんわ、湯舟です。

 

 

「あの人はなぜ、東大生に勝てるのか 論理思考のシンプルな本質」

という本を読みました。

非常に読みやすい本です。

 

論理や言葉に対する

意識を変えるきっかけになる本という感じです。

 

そもそも何故この本を読もうと思ったかというと

説明が下手くそな自分が嫌でなんとかしたいからです。

 

この本を読んでいて、私はイメージや直観で

思考することが多いのでは・・・と思いました。

かと思いきや、言葉にこだわることもあるので

言葉とイメージと直観が入り混じった状態です。

 

私が説明したことに対して

「こんなもんでいいかと思っていないか」

と職場の人が言いました。

 

おそらく全てのことを書き出すという

シンプルなことができていないのが

一番の課題なんじゃないかと思います。

それゆえに穴だらけの覚え方、説明の仕方をしてしまいます。

 

たぶん考えていることの半分も

表に出していない状態なのだと思います。

 

それは何故なのかというと、考えたり書いている途中で飽きるからです。

 

本当に論外だと思いますが

真面目にこれです。

 

なので体裁だけ保つために

穴だらけの適当な説明をしてしまいます。

 

思考や書く時間をできるだけ長く保つためには

やるしかないのだと思います。

 

論理的な文章を書いたり説明できるようになりたいなら

お手本から学ぶのです。

この本を書いた人津田さんは

「刑法」の文章を書き写したそうです。

 

心が折れない程度にたくさんの量を学ぶのです。

根性です。気合いだ気合いだ!

 

 

この記事も途中で飽きてきたことが

お分かりいただけると思います・・・。

すぐふざけちゃう。

 

ブログを続けるうちに改善されていけばいいなと

淡い期待を抱いています。

意味のある記事を書こうとすることに疲れた

人間成長したいなら目標を決めると思います。

 

わたしは昔から目標を決めることが苦手だった。

 

だって決めたってどうせ続かないもの。

 

街を歩いてて、すらっとしたスタイルで小奇麗にしてる女性を見ると

この人は小奇麗にする努力してるんだな

すごいなって思う。

 

努力だよね。

 

本人にとってはおしゃれが好きで

友達がいて恋人がいて仕事も普通にして

努力って意識がどこまであるのか

皆目見当がつかないのだけど。

 

私は普通のひとにできることができない人間だから

すごい努力だなって思う。

 

努力ってのは、苦痛を伴うものという認識が強いです。

 

普通の人が普通にこなしていることを

私がやろうとしたら並大抵の努力では足らないと思います。

そういうの、発達障害って言うんですか?

 

でもまぁ発達障害だからなんだって話。

生きづらいのに変わりない。

 

だから口癖は、めんどくさい、どうでもいい

世界が滅べばいいのに。

最後はまぁ・・・盛ってるんですけど。

 

なんかアニメとかで

人類がほとんど滅んでしまった世界、

みたいなのあるじゃないですか。

そういうの落ち着く。

 

宗教を信じるとすれば

自分を救ってもらうことを願うより

世界を滅ぼしてくださいって神様にお願いすると思う。

神様って結構暴力的だったりするからね。

完全に正義と悪でいうと後者です私は。

まぁ小物なので・・・闇落ちして主人公に瞬殺される雑魚です。

 

 

 

少しでもブログの宣伝になればと思ってツイッターはじめて

ブロガーの方々をフォローしてるのですが、

ブロガーにも正義というのが少なからず存在しているみたいですね。

 

お金稼ぎたい気持ちと好き勝手書きたい気持ちは

矛盾しないと思うんですけど

ダメなんですかね。甘えなんですかね。

 

それだけ読者の多いブロガーさんは

本気でブログに取り組んでらっしゃるんでしょうね。

本当にすごいです。

 

本気でブログやりたい!と思ったら

是非そういう方々に教えを仰ぎたいですね。

 

やっぱりその場合は、

闇落ちした雑魚の自分をどうにかするのが

ネックになるのでしょうね。

 

 

 

あと、ツイッターでビジネス系のアカウントがフォローしてくるの、

本気でうざいんですけどどうしようかな。

もう通報しようかなと思ったけど

今のところはブロックだけしています。

フォロバしてしばらくしたらこっそりフォロー外してる人とか。

別に相互フォローじゃなきゃ気が済まないってわけじゃないんですけど

フォロワー稼ぎの駒にされるのが業腹ですよ。

無題

すごく低レベルなこと書きます。
愚痴なので見ないでも大丈夫です。


突然ですが、時間を守って特定の場所にいられるということは
特別すごいことではなく当たり前のことですよね。

でもすごくしんどいと思いませんか。

毎朝決まった時間に起きて
満員電車に長時間乗って
バイトに行くのがすごくきつくて。

満員電車、車両に寄って若干密度が違くて
最近はなんとなくわかってきました。

乗り換えのときもこっちのドアが開くから
近くにいようとか考えて。

本当にしんどいです。

私は田舎生まれなので、電車も慣れなかったし
情報も溢れまくってるが人間も溢れてる
とにかく疲れます。

だったらさっさと田舎帰れと言われそう。

田舎仕事ないんだよ・・・。
親は自分たちのことで精一杯。
むしろ子供に頼りたい気持ちがあるでしょう。
発声障害になったとき、戻ってくればと言われましたが
断りました。親には頼れません。散々頼っているのですけどね。

非正規でも生活できるのは都会のいいところですから、
田舎には戻らないと思います。

話戻って、朝起きるのがどうしてもしんどいとき
もう休んでもいいんじゃないかなって思います。

一日休むとかなり調子は戻ります。

私はずっと非正規で働いてきたので
5日連勤って本当にきついんです。

自分が選択したことだから
自分が悪いことは分かってます。

馬鹿だから、よく考えずに物事を決めるんです。

もう病気にはなりたくないから
クビにならない程度に休もうと思います。

書いててクズだなって我ながら思いますが・・・
さいわいあまりうるさくない職場なので・・・。

昨日の記事にちょっと反省

行動力は大事です。

しかし結果を伴わない行動は、生産性がありません。

昨日書いた記事はまさに生産性のないものだと思います。

なぜなら、新聞を試し読みしたから何が変わったというのでしょうか?

新聞をなんの目的があって試そうと思ったのでしょうか。

購読するのにお金が掛かるのは最初から分かっていることですし、勧誘がめちゃくちゃしつこいならネタになったかもだけどそんなことないですし、(新聞のおっちゃんを家にいれて話でも聞けばよかった?笑)興味があったから試した結果、なんの収穫もなく終わりました。

わたしはこういうことが多いのです。
なにかに手を出すとき、目的や、得た経験を活かす気概がないのです。
なので本を読んでもお金持ちにもなれない。

唯一よかったのは、昨日あげた記事は1200字でした。
ブログに書くネタができた。それが唯一よかったです。

 

目次とかあるじゃないですか。メリットデメリットとかって。

ああいう風に、同じネタでも何個かに分割すると1000字は軽く越すんだなと思いました。

例えば〜するために役立つ道具10選とかも、同じ記事内にまとめてはいるかもしれないけど、一個一個の商品を紹介する文は短いときがあります。

それでも全体を見ればボリュームがあるように見えます。

そういうのをテクニックと言っていいのか分かりませんが、最初はそんなもんでいいのかもしれません。

ハードルを高くあげすぎて続かなくてやめちゃうよりはマシかもしれません。

 

それなら、昨日あげた生産性のない記事も、なにかしらの意味があるかもしれません。

 

本当は目次なぞ使わずに、読ませる1000字書けたならカッコイイのですが、思ってるよりも自分はできない人間なので、使えるものは使ってやろうと思います。