痙攣性発声障害になった話③

↓のつづき

n1ga.hatenablog.com


病院に行くことをやめました。

職場の人には、病院に行ってると嘘をつき、リハビリを延長して手術は考えてみますとだけ伝えました。

しばらくしてから仕事は辞めました。

 

父は、声を使わない仕事をしろと言いましたが、まずそんな仕事ないです。
工場のラインのアルバイトの求人に応募しましたが、仕事の量が安定しないとのことでやめました。

 

母に、(実)家に帰ってくればと言われましたが、それはいやだったので、
失業保険もらいながら、ゆっくり考えようと思いました。

 

失業中、ハローワークやセミナーに通う以外は引きこもりの日々でしたが、ある日インターネットでけいれん性発声障害を調べてたら、ヴォイストレーニングで治る、という情報があり、個人の先生がレッスンしているところに通い始めました。

今はお金がなくなってしまったので通ってませんが、
なんとなく話し方のこつがわかった気がします。

 

その先生はすごく気さくで、相談しやすかったです。
病院での出来事を愚痴みたいにぶちまけてしまいました。

 

その先生のところへ通ってるひとで、過去に何回か手術をしたけど治らないというひともいると聞きました。

 

私は嫌だったからしなかったけど、

病院で手術を受けることを全否定はしません。
首にメスを入れて治るひとはいるかもしれません。
治らないひとも勿論けっこういると思います。

 

ネットではセルフケアで10年後に治ったというひともいて、

気が遠くなるなぁ・・・と思いつつ

あんまり悲観してません。

元々そんなに充実した生活を送ってたわけではないので。

普通の人だったら20代30代は充実させたい時期だと思うけど

私はなんかもういいやって思って生きてきたので。

良いのか悪いのか分からないですが。

むしろネットで、他のひとがけいれん性発声障害で苦しんでるというブログを書いてたりすると、かわいそうになぁって泣けてきます。他人ごとじゃないのに。

 

 

 

そんな感じで、今困ってるのは仕事、お金ですね。

アルバイトはしてるけど、ほんとに辛いです。

 

なので今年は、副業のことを勉強したいなぁと思ってます。

とりあえず電子書籍で漫画売りたいですね・・・。

実現したら記事にしようと思います。