読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

著作権切れの文豪の小説、青空文庫で読めますよ

文豪のアニメがこの間(?)ありましたね。

文豪ストレイドックスとかいう漫画の。

 

私は見てないんですが、

太宰治とかが超能力バトルしてるアニメという認識です。

間違ってないんでしょうか。。。

個人的に、ちらっとキャラ紹介見て

谷崎潤一郎のキャラがイメージ違ったので

見てないです。

気が向いたら見るかもしれません。

 

最初に知った文豪のイケメン化の作品は

ドラマCD 文豪シリーズ 第1巻:吾輩たちは文豪である

でした。

まぁ聞いてないんですけど。

こんなのあるんだーーーってAmazonで眺めてました。

そのキャラデザと同じ「文豪失格」という

ギャグ漫画だけは買いました。

その漫画描いてる方のツイッター見てると面白いです。

私は谷崎潤一郎がキャラ的に好きなんですけど

ただの変態かと思ったら食いしん坊キャラ(?)でもあると知りました。

欲望に忠実な人って見てて羨ましいなって思います。

 

そんなアニメや漫画やドラマCDから

文豪の小説に興味をもつ方は結構いらっしゃると思います。

本を買ってもいいんですけど、

文豪の小説は著作権が切れてるものが多く、

インターネットで無料で見れたりします。

去年は谷崎潤一郎江戸川乱歩などの著作権が切れました。

 

そういえば、TPPとかどうなったんだろう・・・。

トランプ政権離脱を発表ってニュースは見たけど。

と思ってたら、青空文庫著作権の保護期間延長に反対しますってあった・・・。

今のところは作者没後50年で著作権切れるみたいです。

 

青空文庫という電子図書館がありましてそこで無料で読めます。

kindleでも青空文庫読めます。

アクセスランキング見てると

夏目漱石つよいなーって思います。

あとは太宰治宮沢賢治

 

ちくまプリマー新書の、

「古典を読んでみましょう」という本を読んで

樋口一葉たけくらべを読みたいなと思ったのですが

読みづらいんですよね。

 

↓こんな感じ↓

廻れば大門の見返り柳いと長けれど、お齒ぐろ溝に燈火うつる三階の騷ぎも手に取る如く、明けくれなしの車の行來にはかり知られぬ全盛をうらなひて、大音寺前と名は佛くさけれど、さりとは陽氣の町と住みたる人の申き、三嶋神社の角をまがりてより是れぞと見ゆる大厦もなく、・・・

 

なぜ読みづらいかは、「古典をよんでみましょう」でも

解説してます。

面白い本だった・・・。

この本を書かれた橋本治さんの別の本も読みたいですね。

 

話はそれましたが樋口一葉たけくらべ青空文庫で読めます。

根性があれば読めます。

ストーリーは、花魁の妹の初恋、だそうです。

 

昔の小説はむずかしくて

なかなか読み進められませんが

日本語って綺麗だなって思いますね。

 

夏目漱石太宰治宮沢賢治など

比較的読みやすい小説から読み始めたら

挫折も少ないかなと思います。

 

無料なので途中でやめてもいいと思うので

(私もしょっちゅう飽きて最後まで読まない)

興味がある方は是非読んでみてください。