lpic勉強記①愚痴編

自覚はあるのです。

わたしはエンジニアに向いてないのかもしれないと。

半年前までLinuxを知りませんでした。
そして強烈な拒否反応を覚えつつ、lpicの勉強をしようと重い腰をなんとかあげ、以前作った仮想環境のcentOSを立ち上げようとしました。

…。

…?

あれ、入れないぞ?

パスワード、間違ってる?はい?


仮想環境から作り直し。
あー。出鼻くじかれた。

 

というかパスワード忘れなんてエンジニアどうこうの話じゃないのですが、仮想環境作り直している間、勉強したくない気持ちがすごくて、そっちのほうが問題だと思うのです。

どうして私は、仕事に必要な勉強を楽しむことができないんだろう。
どうして関係ない勉強ばかりしたがるんだろう。

どなたかに、エンジニアの勉強の面白さを教えていただきたい。

 

だめだ…弱気になってる。
仕事に必要なのが勉強の最大の動機だろうに。

がんばろ。たぶん分かってくれば面白くなるはず。

仮想環境できたので勉強に戻ります。。。