読む人を考えて文を書く

読む人のことを

考えて書くのが大事だという

意見をよく見ます。

(アクセス数を稼ぎたい場合ですね。)

 

しかし、

読む人のことを

考えて書く、

ってどういうことなのでしょうか。

 

そもそも、

読む人のことを

知ってなきゃいけないわけです。

 

専業主婦がたくさんいる場で

ビジネスの話を書いたり

ネットビジネスマンが集まってる場で

主婦のあるあるネタを書いても

需要ってあるのでしょうか。

 

っていうか、

まずその集まりを見つけなきゃ

いけないわけだ。

あるいはSNSで、

需要がありそうな書く内容を決めてから(特化ブログを作ったり)

興味をもってくれそうな人を

フォローして、営業するわけだ。

 

SEOとかもあるから

検索ワードを意識して書くのも重要なのだそうだ。

 

要は、

読む人を考えて文を書くとは

人を呼び込むことも

含まれているのだと思います。

 

また、

ブロガーのための

ブロガーもいますよね。

 

ブログやってない人は

ブログにあまり興味ないんだと思います。

知りたいことを検索して

上位にブログがあったら

見ると思うけど

ブログを見ようとして

検索してるわけじゃないですよね。

 

ブログを継続するためにはとか

アクセス数を伸ばすためにはって

需要ありますよね。ブロガーに。

ブロガーが多ければ多いほど

見にきてくれるから

ブログやるといいことあるよ。

お金も稼げるよっていう。

 

前から疑問だったんだけど、

ブログに本当に有益なことって

書いてる人いるのかな。

 

なんだっけ、

増田かなんかでちょっと前

例えば掃除をしたら綺麗になるという情報が、知らない人にはためになりブックマークがつくということを嘆いていた人がいた。

 

当たり前のことを

演出で面白くしている

内容だったのかな?

あるいはお友達が多い人が

書いたのかなって想像しました。

 

他にも、人を呼び込むために

・自分を覚えてもらうため絵をつける。イメージキャラクターを作る

・売名のため有名どころに絡む

・顔出しする

・他のブログにブクマして互助会する

 

人を呼び込んだ後

・ネガテイブな記事は避ける

・読者を混乱させないよう、スタンスを決める。自分を商品にするのか、ある分野の情報を提供し続けるのか。など

・過去記事をリライト、内部リンクを強化する

 

こういう方法は

ブログはじめて半年も経ってないけど

たくさん目にしました。

 

書きたいことを書いて
アクセス数を稼いでると
言っているひとは
一部のひとを煽ってたりするし
そういう文化であることも
理解している。
そういうのもある意味
読む人を考えて文を書いているのでしょう。

 

このような方法を口でいうのは簡単で

実践すらできてない人は

多いと思います。私も含めて。

 

でもいいと思う。

 

私はそのブログを書いてるひとの

人間性が見えるブログのほうが

好きだ。

読む人を考えてたらそれが制限される。

 

人間性が見えるというのも

作られたものである可能性は

高いのだけど。

 

少なくとも私は

思っていることを

そのまま書いてる。

 

そうでなきゃ意味がないとも思える。

だからアクセス数なんて

どうでもいい。

 

(スターとブックマークつけてくださる方には申し訳ないなと思いつつ、好き勝手書いてます)