呪い

病気とは治すものではなく

うまく付き合うものだと

聞いたことがあります。

 

発声障害を患っていますが、

一時期よくなって

このまま全快かと思ったら

また悪くなってしまいました。

 

やはりメンタルが

関係しているのだろうと

思います。

 

人間関係を構築するのが

本当に苦手です。

 

わたしの周りには

大抵優しいひとばかり

いるのに。

 

東京のひとは冷たいと

言われるけど、

田舎より優しいひとが

多い気がします。

 

なんていうか、

田舎のひとって

あんまりデリカシーないんですよ。

(異論は認める)

 

わたしも田舎者で

気をつけてはいるのですが

後で失礼だったなって

自己嫌悪に陥ることが

多々あります。

 

 

 

何事もそうですけど

うまくできるより

好きになれるかのほうが

大事な気がします。

 

人とたわいもない話を

するのが好きな人。

人と仲良くなって

冗談を言い合うことが

好きな人。

人を好きになれる人。

 

そういう人は

強いなって思うのです。

 

どんなにコミュ力が高くても

人と接するのが嫌いであれば

不幸だと思うのです。

まぁだいたいコミュ障だから

嫌いになるのかもしれませんが。

 

 

 

孤独な人はそうでない人より

寿命が短いらしいですが

すぐ死ねるならばいいけど

病気を抱えながら

生きていかなければいけないときは

本当につらいです。

 

人付き合いも疲れるし、

人付き合いを避ければ

もっとつらい。

 

人嫌いほど生きづらいことも

ないなと思います。

 

 

 

病気が少し回復したのは

人付き合いに積極的になろう、

人と話すことは楽しいかも

しれないと思ったときで、

スタミナ切れで

少し休んだら

また消極的になってきて

そしたら病気もまた悪くなりました。

 

呪いみたいです…。

 

しかし、焦っても

しょうがないので、

少しずつ、無理せず、

よい方向にいけたらと

思います。